株式会社エクシング

カラオケが認知症に及ぼす効果三重大学との共同研究中間報告

更新日:2012年2月22日(水)

株式会社エクシング(社長:吉田篤司)は、親会社であるブラザー工業株式会社(社長:小池利和)、及び国立大学法人三重大学(学長:内田淳正)と2010年4月から実施している共同研究『カラオケが認知症に及ぼす効果』について、2011年2月から8月の半年間で実施した臨床試験の中間報告をいたします。

【共同研究テーマ】 『カラオケが認知症に及ぼす効果』

【研究内容】
三重大学医学部附属病院で軽度認知症患者に対し、三重大学(医学部、教育学部)が作成したカラオケを使った歌唱療法プログラムに基づき、半年間の歌唱療法を実施しました。三重大学医学部は、失語症および認知症の検査として世界中で広く利用されている神経心理検査『レーヴン色彩マトリシス検査(RCPM)』の結果を歌唱療法の実施前後で比較することで、本療法が認知症の進行を抑止する効果について検証しました。

1.臨床試験方法と結果
家庭では1週間に3回程度、家庭用通信カラオケを使用して発声・歌唱の練習を行い、また1週間に1回は三重大学医学部附属病院で歌唱療法プログラム(右図)に基づいて、同時に患者3名(図2Pt1~Pt3)に対して歌唱療法を行ないました。結果、実施前後で図2のような傾向(※1参照)がみられ、また介護者からの聞き取り調査では、本療法を半年間実施することにより、被験者の物事を実行することに対する意欲や注意の改善が促されたとの回答がありました。

20120217_01.gif
20120217_02.jpg

2.今後の展開
今後は臨床試験の対象人数を10名まで増やし、更に検証を続ける予定です。このように研究の効果を確認して、その結果をカラオケに転用することで、カラオケの利用範囲を拡大し新たな分野の開拓を行ってまいります。


※1 「レーヴン色彩マトリシス検査(RCPM)」:標準図案の欠如部に合致するものを6つの選択図案の中から1つだけ受検者に選ばせる検査。RCPM_score(得点)は合計数値が高い方が良好、RCPM_time(所要時間)は短い方が良好な結果となります。


※2 「YUBAメソッド」:三重大学教授の弓場徹氏が、「発声機能解剖生理学」の研究により構築した「YUBA理論」を基に生まれた新発声法。模範となる声をまねることで、ノドの「歌う筋肉」(輪状甲状筋)の使い方を習得させ、発声能力を短期間で効率的に高めます。

アーカイブ

rss RSSフィードの登録はこちら
pagetop